So-net無料ブログ作成
検索選択

フィトケミカル(phytochemical)のグループ

吐血と喀血、両方とも口腔から血を吐くことですが、喀血の方は喉と肺を繋いでいる気道(きどう、呼吸器のひとつ)からの出血の場合を指し、吐血というのは、食道や胃、十二指腸などのいわゆる上部消化管から出血することを言い表しています。

重要なエネルギーとしてたちまち機能する糖質、新陳代謝に必須のタンパク質等、ダイエットのしすぎでは、この2種類に代表される体をキープするために外すことができない成分までも減少させているのです。

増加傾向にある卵巣がんは、正常なら体をガンを防ぐ役回りを持つ物質を作るための、型である遺伝子の不具合により偶発してしまう病気だと言われています。

収縮期血圧140以上、拡張期血圧90以上の高血圧がある程度続くと、血管に重い負担となり、遂には身体中の様々な場所の血管に異常が巻き起こって、合併症を誘引する度合いが増すので危険です。

内臓脂肪が過剰に溜まった肥満が確認され、「脂質」「血圧」、「血糖」の中から、2〜3項目に当てはまるような場合を、内臓脂肪症候群と判定されるのです。



AEDとは、医療職に就いていない一般人でも取り扱うことのできる医療機器で、AEDからの音声ガイダンスが指示してくれる通りに処置することで、心臓が細かく震える心室細動の治療効果を可能にします。

肝臓をいつまでも健康に長持ちさせるためには、肝臓の毒素を分解する働きが弱まらないようにすること、言わば、肝臓の錆びつきを軽減するアンチエイジング対策を開始することが最善策と言えるでしょう。

体脂肪計で測定できる「体脂肪率」というのは、身体のなかの脂肪の重量の比率を言って、「体脂肪率(%) = 体脂肪の量(kg) ÷ 体重(kg) × 100」という計算で確認できます。

植物が作り出す抗酸化物質のポリフェノールの特長は、ビタミンEやビタミンC等とは異なって、違いがあり、水溶性の部分、加えて水溶性部分、そのうえ酸化を防ぐ役割を発揮するのです。

食べるという行動は、食べたい物を口へ入れたら、約20回噛んで後は胃に入れるだけだが、人体は、このあとたいへんまめに動いて、口にいれたものを体に吸収するよう勤しんでいる。



耳鳴りには種類があって、その人しか分からないタイプの「自覚的耳鳴り」と、耳管周辺や耳小骨の筋肉のけいれんによる音など患者さん以外の人にも、品質の高いマイクなどを耳に差し込むと感じるタイプの「他覚的耳鳴り」が存在します。

「肝臓の機能の低下」については、血液検査項目のGOTやGPT、γ-グルタミルトランスペプチダーゼなど3つの数値で調べられますが、ここ数年肝臓の機能が悪化している現代人の数が明確に増えていると言われています。

音楽会やライブなどがおこなわれる会場や踊るための広場等で使用する巨大なスピーカーの近くで、爆音を浴びたせいで難聴や耳鳴りが急に起こることを「急性音響性障害」と言っています。

植物に含まれる化学物質であるフィトケミカル(phytochemical)のグループに属するイソチオシアネート類のスルフォラファン(sulforaphane)という揮発性の化学物質に関して、肝臓の解毒酵素の正常な産出を後押ししているみたいだということが明白になりつつあります。

PCやゲーム画面の光のチラつきを低減させる効果のあるパソコン専用メガネが大ヒットして人気の訳は、疲れ目の低減にたくさんの人々が苦慮しているからだと見て取ることができます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。